クリニックの美容治療

顔に触れる女性

注射するだけの手軽な治療

ボトックスとは、眉間や目尻などの表情ジワを目立たなくすることができる美容治療です。表情ジワができる原因のひとつに「筋肉」が大きく関わっていて、筋肉が常に緊張した状態にあるとシワができやすくなると考えられています。ボトックスには緊張した筋肉をリラックスした状態にする働きがあり、そこに着目してシワ取り治療に使われるようになったというわけです。美容皮膚科などのクリニックで受けることができ、薬を注射するだけという短時間の施術でその効果を得ることができます。メスを使うような外科手術ではないため、治療後の負担が少ないこともメリットであり、その手軽さから国内外問わず多くの人が愛用しています。一般的には、施術後2〜3日くらいで効果が現れ始め、2週間後くらいに最も効果の出た状態に達するといわれています。そして、その状態が3〜4ヵ月間くらいは持続するとされていますが、徐々に元の状態へと戻ってしまいます。そのため、ボトックスの効果を保ち続けるには継続的な治療が必須であり、個人差もありますので次回の来院時期については担当医に相談するのが一番でしょう。表情ジワの他にも、エラに注射することで小顔効果が得られたり、ふくらはぎに注射することでほっそりとした足を手に入れたりすることもできます。また、意外なところでは、多汗症の治療にもボトックスは用いられています。気軽に受けられる施術ではありますが、ボトックスの治療を受けた後には注意すべき点がいくつかあります。ひとつには、注射した部位をマッサージするなど強くもんだり、こすったりしないことです。注射部位をマッサージすることで、薬剤が拡散して副作用が出る可能性を避けるためであり、少なくとも1日はなるべく触れずにそっとしておきましょう。また、治療当日はサウナや長時間の入浴などは控えたほうがよいとされており、これは内出血が起きるのを避けるためです。ボトックスの主な副作用としては、注射した部位の痛み・炎症・かゆみ・出血などがあげられます。その他の身体的な副作用には、けん怠感や頭痛、眼の違和感などもみられますが、個人差があるため必ずしも全員に起きる症状とは限りません。このような副作用のほとんどが、ボトックスの効果が出すぎてしまったことが原因であり、たいていは自然と治まるものばかりです。極度に心配する必要はありませんが、副作用が出て症状が長いこと治まらない場合は、速やかに医師に相談しましょう。医療機関であるクリニックがボトックスを行っていることもあり、万が一異常が出た際も適切な処置が受けられるため安心ですね。治療後のアフターケアがしっかりと整っていることはもちろん、効果の維持には継続的な治療が必要なため、信頼のできるクリニックを選ぶことが重要です。

Copyright© 2018 ボトックスの効果を体感する【プチ整形としても人気】 All Rights Reserved.